Home > 野菜の発育日記 Archive

野菜の発育日記 Archive

緑のフェンス

IMG_1248[1].JPG

IMG_1249[1].JPG

季節の野菜、今

ジャガイモの花

こう見るときれいですね。

アンデスという品種です。

たくましく花の色もビビットです。

さすがアンデス出身です!

IMG_1237[1].JPG

みかんの花が結実し成長中。

IMG_1233[1].JPG

今年は、枝豆をまいてみました。

専門家の指示を受け

2回に分けて撒き込みました。

IMG_1222[1].JPG

 

鶏舎の日除け作りました

鶏舎の日除け

これから暑くなります。

可愛い娘たちが少しでも涼しく過ごせるよう

日除けカーテンを 始めました。

支柱組み立て。資材は裏の竹林から切ってきた篠竹。

長い竹を土に差し横の竹をマニラ麻で結ぶ。

高さ2メートル縦横をくみ上げる。

日除けカーテンになるものは、琉球朝顔、苦瓜、ツルムラサキ、ミニトマト、バイアム。

ツルがどんなふうに伸びてゆくのか、楽しみです。

実のなるものも植え込みました。

IMG_1186[1].JPG

IMG_1189[1].JPG

IMG_1192[1].JPG

メビウス畑、今

メビウス畑、今

ジャガイモ、近年 多い花が咲くようになりました。

品種改良のせいでしょうか、気候変化のせいでしょうか?

IMG_1155[1].JPG

サニーレタス最終章、茎が伸びて花を咲かせ、

実をつける準備に入りました。

IMG_1171[1].JPG

かき菜、急に花咲き出す。

かき菜、急に花咲き出す

IMG_0841[1].JPG

かきなは、佐野市が先がけの地域ブランドです。

切ってから流通を経て店の販売コーナーに乗るまで時間がかかります。

店で買われて生活者の食卓にのります。

物流が今ほど発達していない当時、

地域特産を目指す若き農協職員が

集荷梱包を深夜ににやり、しかもトラック便で早朝に東京の市場に直送する。

その日のうちに、店の販売を可能にしました。

陳列したものは、「おいしい珍しい」即、売り切れてしまう。

地域特産を目指す若き農協職員の努力あって今日のかき菜があるのです。

去年から今年の天候不順で、かき菜もびっくりして春を急いでいます。

かき菜も愚痴は言わず、来年も自然の環境に合わせて育ってくれるでしょう。

野菜苗植えつけ

前の畑にいろいろ、苗を植えこみました。

.023.JPG

いろいろ種類のナス、ピーマン、シシトウ、トウガラシ、パプリカ、トマトなど

タマネギ畑と朝つゆ

昨日はヒョウと雷を伴った激しい夕立。

散歩の途中、湿度たっぷりある今朝は、タマネギの葉っぱにまぶしいほどの小さい露が無数に付いているのを見ました。

一年通してもなかなか見ることのできない珍しい現象です。

029.JPG

028.JPG

久しぶりの水分補給でタマネギの球もぐんぐん大きくなってきています。

裏のメビウス畑

裏のメビウス畑の風景です。

075.JPG

ネギ、キヌザヤ、イチゴが大きくなりました。

062.JPG

タマネギ,スナップエンドウ,サニーレタス元気に成長しています。

072.JPG

鶏舎の娘たちは、旬の野菜を食べ産卵しています。

今食しているの野菜は、小松菜かきな等です。

自然栽培のグレープフルーツ採れました。

IMG_0924[1].JPG

体にやさしい化学肥料不使用グレープフルーツ採れました。

メビウス食品ご注文の方にプレゼント中です。(平成1月中まで)

無農薬、有機栽培 、ビタミンやミネラルが豊富なグレープフルーツです。

夏ミカン採れました。

無農薬栽培有機肥料自然栽培の夏ミカン採れました。

IMG_0869[1].JPG

化学肥料不使用の野菜やくだものには、ビタミン、ミネラルが豊富に入っています。

おいしいだけでなく、体にもとてもいいものです。

わいわい倶楽部では、土壌づくりを大事にし有機肥料栽培を心掛け、

自然農法を基本に野菜や果物を育てています。

Index of all entries

Home > 野菜の発育日記 Archive

twitter

Return to page top